2005年08月09日

今夜家を出ます


君の声が聞きたくて 
電話をしました
いつものことだけど 君はいませんね
親父さんのとぼけた声がとてもいやでした
僕はひとり家を出ます


フォークソングが好きだなんて 
君はよく言ってたよね
ケメがとても とても可愛いって
でも僕は君がとても好きでした
僕はひとり家を出ます


もう君の顔も 
見ることもないよね
君を好きだなんて 言わないでよかったよ
でも僕は君がとても好きでした
僕はひとり家を出ます


posted by 浪漫詩人 at 09:22| Comment(0) | TrackBack(0) | ポエム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。