2005年08月05日

年老いたおじさん


年老いたおじさん 何か話しておくれ
この寂しげな僕に 何か話しておくれ
恋は何時も寂しいものと知っているんだね
ハーモニカ吹いて 夜をとばせば
寂しさもなくなるのか
何も正しい者はないんだ
誰も正しい者はないんだ
寂しい者は地下街で
何時も寂しいブルース


年老いたおじさん 何か話しておくれ
この寂しげな僕に 何か話しておくれ
何百年も生きて 昨日のことなんて
つまらないことだよね
平和はとっくに忘れ去られた化石だよね
何も正しいものはないんだ
誰も正しい者はいないんだ
昨日も今日も明日も
何時も寂しいブルース


年老いたおじさん 何か話しておくれ
この寂しげな僕に 何か話しておくれ
恋は何時も寂しいものと知っているんだね
ハーモニカ吹いて夜をとばせば
寂しさもなくなるのか
何時も追うか追われるか
ただそれだけなんだ
追われて僕は地球をはみ出している


年老いたおじさん 何か話しておくれ
この寂しげな僕に 何か話しておくれ
年老いたおじさん 何か話しておくれ
この寂しげな僕に 何か話しておくれ



posted by 浪漫詩人 at 10:03| Comment(0) | TrackBack(0) | ポエム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。