2005年08月03日

惚れた女に振られたときにゃ


惚れた女に振られたときにゃ
呑みなれぬ酒でも呑みましょうか
酔ってすべてが忘れられるなら

惚れた女に振られたときにゃ
睡眠薬自殺でもしましょうか
死んで花実が咲くのなら

惚れた女に振られたときにゃ
捨てないでと泣いてすがりましょうか
どうせウーマンリブの世の中だもの

惚れた女に振られたときにゃ
悲しみの涙にくれましょうか
泣いて君が忘れられるなら

惚れた女に振られたときにゃ
惚れた女に振られたときにゃ
惚れた女に振られたときにゃ
・・・・・
posted by 浪漫詩人 at 09:39| Comment(0) | TrackBack(0) | ポエム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。