2005年07月28日

ロック・シンガー


全力で駆け抜けて振り返ると
誰もいない暗闇だけ
薬に溺れて女に溺れて
掴まる愛を求めて彷徨うだけ


力いっぱい叫んでもむなしさが
自分の心に刺さるだけ
かき鳴らすギターに
思いのすべてを込めてうたおう


寂しさに彷徨い続けた人生
誰もわかってくれない
心と身体はボロ切れのように
道ばたに捨てられたまま


涙はいらない
僕の好きな花をおいて
バカだねッと笑って欲しい
たまには僕の唄をうたってよ


    

posted by 浪漫詩人 at 09:49| Comment(0) | TrackBack(0) | ポエム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。