2013年02月10日

今夜家を出ます





           
君の声が聞きたくて

電話をしました

いつものことだけど君はいませんね

親父さんのとぼけた声がとてもいやでした

僕はひとり家を出ます




フォークソングが好きだなんて

君はよく言ってたよね

ケメがとてもとても可愛いって

でも僕は君が とても好きでした

僕はひとり家を出ます




もう君の顔も

見ることもないよね

君を好きだなんて言わないでよかったよ

でも僕は君がとても好きでした

僕はひとり家を出ます




posted by 浪漫詩人 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | ポエム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月06日

星と旅人

posted by 浪漫詩人 at 03:38| Comment(0) | TrackBack(0) | ポエム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月19日

ひとりぽっち(ライブ予定曲その2)





C   G7
いつだって僕は ひとりぽっち
G7 C
人と話していても ひとりぽっちC
C G7
ひとりぽっちが嫌いなのに
G7 C
なぜかひとりぽっち
C Em Am F C
風に舞う  落ち葉のように
C    G7 C
ひとりで舞いつづける



C   G7
何時だって僕は ひとりぽっち
G7 C
人と話していても ひとりぽっち 
C G7
ひとりぽっちが嫌いなのに
G7 C
僕はひとりぽっち
C Em Am F C
道に迷う  子犬のように
C   G7   C
ひとりで さ迷いつづける




C   G7   
いつだって僕は ひとりぽっち
G7 C
人と話していても ひとりぽっち
C G7
ひとりぽっちが嫌いなのに
G7 C
なぜかひとりぽっち 
C Em Am F C
寂しく戯ける  ピエロのように
C    G7   C
ひとりで唄いつずける



posted by 浪漫詩人 at 11:47| Comment(0) | TrackBack(0) | ポエム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月25日

ウフッ


目と目が合って思わず
ウフッ
君のカワユイしぐさに
ウフッ


思わず抱きしめたよ
ウフッ
とても柔らかだったよ
ウフッ


唇にチュッしたよ
ウフッ
とっても甘かったよ
ウフッ


思わず顔を合わせて
ウフッ
二人ラブラブで
ウフッ
posted by 浪漫詩人 at 09:41| Comment(0) | TrackBack(0) | ポエム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月23日

ちょっと良い気分


おばあちゃんに席を譲った

ありがとうの言葉に

ちょっと照れくさかった

今日は良い気分

朝から良い気分
posted by 浪漫詩人 at 09:35| Comment(0) | TrackBack(0) | ポエム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月19日

平凡な日々


何気無く過ごす
日々の中で
喜びがあるということは
なんて幸せなことだろう。


簡単には得られない
至福の貴方との時間
ホントに偶然に
手に入るものとは思えない


だから貴方を
大切にすることで
感謝をしましょう。
この喜びが続くことを祈って


平凡な日々の中で
交わすメールの中に
愛と貴方がいる。
そんな幸せが今日も過ぎてゆく

posted by 浪漫詩人 at 11:49| Comment(0) | TrackBack(0) | ポエム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月16日

ベイビー・ブルー


君の心を引くのに 24時間考えてる
僕は変になりそうだよ
ベイビー ブルー わかっておくれ


町を歩いていても 君の姿を追っている
僕はこんがらがりそうだよ
ベイビーブルー  君はどこのいるの


寝むれない夜 君を想ってる
お願いだからつれなくしないで
ベイビーブルー 僕は死にそうさ


今夜も君への愛の詩を書いている
君へ百万の愛の言葉を捧げるよ
ベイビーブルー ラブ ポエム トゥ ユー


君は今何してるの 僕は気がきじゃない
他に好きな人がいるんだろうか?
ベイビーブルー 神様 本当の事を教えて


僕は死ぬ程 君の愛が欲しい
もしも僕の願いがかなうなら
ベイビーブルー お前にすべてを捧げよう
posted by 浪漫詩人 at 08:25| Comment(0) | TrackBack(0) | ポエム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月12日

甘い夜


今夜も君に甘いささやき
そういつも、燃える思いが
湧いてくるんだ。


君を優しさで包んでいたい
いつも幸せな気持ちにしたい
いつも君にささやいていたい


僕の愛は君のためにあるんだ
いつも抱き締めてはなさない
いつまでも明けない僕達の夜


ときどき僕をイジメるけど
それも愛の証だと知っている
僕の可愛いハニーだもの


遠い過去からのお約束って 
言ったら君は笑うけど
僕は信じている甘い夜
posted by 浪漫詩人 at 09:11| Comment(0) | TrackBack(0) | ポエム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月09日

今夜家を出ます


君の声が聞きたくて 
電話をしました
いつものことだけど 君はいませんね
親父さんのとぼけた声がとてもいやでした
僕はひとり家を出ます


フォークソングが好きだなんて 
君はよく言ってたよね
ケメがとても とても可愛いって
でも僕は君がとても好きでした
僕はひとり家を出ます


もう君の顔も 
見ることもないよね
君を好きだなんて 言わないでよかったよ
でも僕は君がとても好きでした
僕はひとり家を出ます


posted by 浪漫詩人 at 09:22| Comment(0) | TrackBack(0) | ポエム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月05日

年老いたおじさん


年老いたおじさん 何か話しておくれ
この寂しげな僕に 何か話しておくれ
恋は何時も寂しいものと知っているんだね
ハーモニカ吹いて 夜をとばせば
寂しさもなくなるのか
何も正しい者はないんだ
誰も正しい者はないんだ
寂しい者は地下街で
何時も寂しいブルース


年老いたおじさん 何か話しておくれ
この寂しげな僕に 何か話しておくれ
何百年も生きて 昨日のことなんて
つまらないことだよね
平和はとっくに忘れ去られた化石だよね
何も正しいものはないんだ
誰も正しい者はいないんだ
昨日も今日も明日も
何時も寂しいブルース


年老いたおじさん 何か話しておくれ
この寂しげな僕に 何か話しておくれ
恋は何時も寂しいものと知っているんだね
ハーモニカ吹いて夜をとばせば
寂しさもなくなるのか
何時も追うか追われるか
ただそれだけなんだ
追われて僕は地球をはみ出している


年老いたおじさん 何か話しておくれ
この寂しげな僕に 何か話しておくれ
年老いたおじさん 何か話しておくれ
この寂しげな僕に 何か話しておくれ



posted by 浪漫詩人 at 10:03| Comment(0) | TrackBack(0) | ポエム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。